So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

こちらに来てから

約1か月が経ちました。
ゴールデンウィークも9連休を取ることができ、会津にも帰ることができました。

実は会津から帰ってきたのは昨日だったのですが、翌日のきょうは何故か私も家内も体調が思わしくなく
予定していた都内の楽器店へ楽器の調整に行くことができず、ずっと家にいて休んでいました。

帰省疲れがでたのでしょうね。

仙台の流璃庵先生からいただいた言葉通り、転属してすぐから忙しくなるという日々をこれまで1か月過ごしてきましたが、連休明けの5月も一層忙しそうです。
行って3か月は特に忙しいよ。
と仙台の流璃庵先生。

体調を崩さず、張らず緩まず、来週からのお仕事を頑張っていきます。

IMG_1904.JPG
ゴールデンウィーク前に見つけた近所の美味しいケーキ屋さん、パティスリーオーランジュです。
とてもおいしいケーキでした。
nice!(0)  コメント(0) 

5年が経ち [seasons]

image.jpeg
東日本大震災から5年経ちました。
各地で祈念のセレモニーが行われましたが、我が社でも石巻の消防音楽隊と合同演奏会があります。
私にとっては、転属前最後のお仕事になります。

思えば5年前、地震の起き始めからしばらくは何が起きているのかわからず、これが現実に起きていることなのかどうかもはっきりしなかった。
ライフラインが寸断されてはじめて大変な事態なんだと認識したほどだ。我が家は停電が2週間ほど、断水は1ヶ月以上ストップしたままだった。

日を追うにつれ甚大な被害が明るみになっていく反面、気候だけはよくなっていった。寒さが緩み日差しは暖かく明るい季節になっていくのが、わけもなく恨めしい気持ちになったものである。

ふきのとうを見ると、苦しかった日々をどうしても思い出してしまう。
今年のふきのとうは少し早いのかもしれない。

nice!(0)  コメント(0) 

天狼星(シリウス)に

遅ればせながら新年のお祝いを申し上げます。

昨年末には、Jクラ札幌の演奏会に参加のため夫婦そろって北海道へ渡りばたばたの年の瀬でした。それでも無事に新年を迎えられたことに感謝をします。

今年は私にとって特別な1年になります。住み慣れたこの仙台、この家を離れることになります。いつかはそうしなくてはならない、最後までずっとこの家から通い帰ってくる生活が続くはずはないとは思っていました。

なので嫌な気持ちはありません。逃げ出したい気持ちにもなりません。今度、勤める先の環境は今と同じ。それか、むしろ今よりいいはずだから、胸を張って歩いて行ける行かなくてはならないと思っています。

不安な気持ちがないわけではありません。でもかと言って自信があるわけでもない。
今まで積み上げてきたスキルをかの地で存分に発揮するんだ、などという気負いもない。不思議なくらいない。


さだまさしに「天狼星に」という曲があります。私の好きな歌です。もう20年も前の曲です。

 それほど遠くへ行くわけじゃない
 それが悲しい理由でもない
     ・
     ・
 いつかどこかで根付いたならば
 許してもらえるそう信じてる
     ・
     ・
 あおい光にかけて誓う
 何があってもくじけない
 父さんよりも愛する人ができるなんて
 思わなかった

と、歌に出てくる主人公の心境とはまるで別なシチュエーションではあるが
私が以前、親に反対されながらも前職を退き現在の職業に移って
間もなく聞いた歌がこれだった。

 何があってもくじけない

前職でみじめにもくじけてしまったという挫折と、若さだけで根拠のない不器用で危なっかしい自信が入り混じっていたものです。まるで都合のいい自信でした。



さて、今。

この時期、天狼星シリウスが冬の夜空に蒼く輝いていて、その明るい星を見ると決まって、さだまさしの「天狼星に」を思い出す。
歌いだしはこうだ。

 自分だけはだませなくて...

きっと新しい職場ではつらくて苦しいこと多くあるに違いない。どのくらいの数ほど不安があるかもわからない。

でも、そこに行くと決めたのだ。自分だけは騙せないから。だから、何があってもくじけない。

新しい住まいからは、天狼星シリウスは見えないかもしれない。でも、星は蒼白く輝いているはず。胸を張って生きていればひょっとしたらシリウスにも届くかもしれない。
nice!(0)  コメント(0) 

Jクラ、北海道へ [クラリネット]

ついに、Jクラリネット・アンサンブルが津軽海峡を渡ります。

12月26日(土)、札幌市時計台ホールにてJクラリネット・アンサンブル札幌と題して演奏会を開きます。

出演グループのメインはもちろん在北海道の陸上自衛隊音楽隊のメンバーですが、私たち東北方面音楽隊のクラのメンバーも6人参加します。クラリネット6重奏を2曲演奏する予定です。曲名は当日のお楽しみ。

演奏会後半は、総勢30名を越すクラリネット合奏でドビュッシー作曲ベルがマスク組曲を演奏します。こちらは北部方面音楽隊所属の松木敏晃氏スペシャルアレンジです。どんな音がするのか今から楽しみ。

入場無料(整理券は必要です)ですので、ぜひ時計台ホールまでお出でくださいませ。

詳しくはこちらへ→ 時計台ホール利用状況


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

仙台市 輪王寺

今年の年始に座禅をいただいたご縁で、以来輪王寺にたびたび通っている。x
先日も行ってきた。

輪王寺の境内奥には立派な庭園があり、四季折々の景観を楽しむことができる。DSC_00301.jpg
そう、前回訪れたのは夏であった。体中数か所も蚊に刺されて閉口したものだった。

今回は秋なので蚊の被害さえなかったものの、紅葉の盛りの時期を逃したか庭園の色とりどりの紅葉を愛でるということは残念ながらできなかった。

内に入りお堂に向かって手を合わせ、無事の誕生日を迎えられありがとうございましたとお報告いたした。
ふと目を側にやると白い猫が日向の温かい陽を受けながら丸くなって幸せそうに寝ているのが見えた。

平和で何より。

庭園とは別の奥には、3頭のロバ「りんりん」「のんのん」「じんじん」がおりそちらへもお参り。
「また来ましたよ」
と、ロバの「のんのん」にご挨拶をするも、にべもなくただゴリゴリと餌を食んでおりました。

一方、遠巻きから傍観していた「りんりん」か「じんじん」が私の近くに寄ってきて顔を近づけてきて何か言いたそうな様子。当然、私にはそれが何かは分からずじまいであったがどこか悪い感じはなかった。

この年になってなぜか動物には好まれる性質になったなったみたいである。

平和でなにより。
nice!(0)  コメント(0) 

明けましておめでとうございますm(_ _)m

初詣にはいつも、仙台の大崎八幡宮に詣でます。

今年のおみくじ、「末吉」でした。

何事にも出しゃばらず控えめに望め、とのことでした。

ごもっともでございますね・・・。
ややもすると、日々の生活の中においていつも、
自分が自分が!おれがおれが!

そこには、自分は本当はたいした能力がないのだが
それを見破られたくないばっかりに背伸びをして、
その挙句、おれがおれが。


気を付けて今年1年を過ごしてまいりたいと思います。
DSC_0012.jpg

「末吉」でよかった(^^)v


nice!(1)  コメント(0) 

北海道に行ってきました。

 3月20日から22日まで、北海道札幌に行ってきました。

 札幌市の中島公園にある「Kitara」というすばらしいホールで21日に開催される、同業者チームの演奏会を聴くためにです。

 私にとって、本州を越えて北に行くのは生まれて初めてなので、あえて列車移動を選びました。というより、好むと好まざると、職場から「JR」の切符を渡されたのでしたが…(^-^;
P3200002 のリサイズ画像.jpg
 初めて越える(潜る)津軽海峡、青函トンネルを走る津軽海峡線、特急スーパー白鳥は、みどりの車体がカッコいい内装もゴージャスな電車でした(写真上右)。
 函館で乗り継いで札幌をめざし約3時間半走るのは、なんとディーゼルの特急列車スーパー北斗です(写真上左)。
 函館駅での乗り換えは、隣同士のホームなのでとてもスムースでしたが、とても寒いのにはびっくり。さすがは北海道と、いよいよ北の大地に来たのだなぁと思いを改めました。

 翌日は、演奏会の開演が夜なので、日中、札幌市内をブラブラ、札ブラしました。
P3210008 のリサイズ画像.jpg
 少し前まで、札幌雪まつり会場だった大通公園見つけた、テレビ塔です(写真上)。


 時計台にも行きました。この中には入りませんでしたが、時々コンサートも開かれるそうです。

P3220024 のリサイズ画像.jpg

 北海道庁旧本庁です。歴史を感じさせる建物です。

P3210014 のリサイズ画像.jpg
 
 この中の資料館では、思いがけず面白くてつい夢中になってしまいました。資料からは、江戸末期から明治にかけての開拓者魂が、ひしと伝わってきます。
 当時の人々が、厳寒の荒れ地を開拓しようとするその潔く気高い志に思いを馳せるとき、そして、資料でさえも伝え残せなかった人間の営みを思うとき、熱いものがからだの奥からこみ上げてきました。

P3210021 のリサイズ画像.jpg
 北海道旧本庁では、楽しい北海道開拓の歴史の勉強ができました。

 遠くて寒かった。でも身近で温もり溢れる街の札幌でした。
 また行きたいな。今度は、暖かい季節にゆっくり1週間ぐらい時間をかけて…。

P3220026 のリサイズ画像.jpg
 無理か…(笑)。

nice!(1)  コメント(1) 

Jクラリネット演奏会 [concert]

第6回Jクラリネット・アンサンブル仙台演奏会が、無事終了しました。
ご報告がだいぶ遅れたことをお詫び申し上げます。

演奏会には、年末の押し迫った時期にも関わらず大勢の方々にご来場いただき、本当にありがとうございました。

ここからは、当日の演奏会の模様をご覧いただきたいと思います。

DSC_6702 (1024x677).jpg DSC_6703 (1024x681).jpg
第1部、まだまだ緊張しております。わたくし、akkyも一生懸命演奏しております(写真右中央)

DSC_6716 (1024x679).jpg DSC_6716 (1024x679).jpg
第1部のメイン、小澤寛行クンのシロホン・ソロで「フィドル・ファドル」
好演&熱演でした(^o^)


DSC_6727 (1024x677).jpg DSC_6735 (1024x658).jpg
ここで本演奏会のサプライズ、ボディ・パーカッションのご披露です。
前出小澤氏の発案とトレーニングで、なんとかお披露目に漕ぎつけました。これが最も練習した曲です。

DSC_6740 (678x1024).jpg DSC_6745 (663x1024).jpg
いよいよ、柳瀬洋先生の登場です。
曲は「ラプソディ・イン・ブルー」「プリマヴェーラ(泉)」「ガブリエルのオーボエ」
ピアノ演奏は、奥様の柳瀬佐和子様。
会場は水を打ったような静けさ。お客さん全員が固唾を飲んで聞き入っておられました。

DSC_6748 (1024x679).jpg DSC_6753 (1024x679).jpg
最後は柳瀬洋先生も合奏に加わってメインプログラムである、柳瀬佐和子さん作曲の
Jクラ委嘱作品「KIZUNA~絆~」を全員で演奏しました。

DSC_6772 (1024x677).jpg

OBの方々、そして東京から馳せ参じてくださった方、山形の第6音楽隊のクラのみなさん、青森の第9音楽隊のみなさんとともに、こうして大勢のお客様をお迎えして楽しく演奏できたことは、私のみならず全員の大切は財産です。

柳瀬先生ご夫妻には、本当にお世話になりました。ありがとうございました。


・・・さて、今度はいつだろう・・・(笑)


ポチッとな!!クリックしてくだされば幸いです。
にほんブログ村 クラシックブログ 吹奏楽へ
にほんブログ村
nice!(0)  コメント(0) 

絆~KIZUNA~ [concert]

DSC_0019_s.jpg
 前頁でお知らせしております、Jクラリネット・アンサンブル演奏会。

 演奏会のメイン曲であります委嘱作品が、ついに完成いたしました。曲名は「絆~KIZUNA~」です。私のクラリネットの先生であります柳瀬洋氏の奥様、作曲家佐和子さまが私たちJクラのために作曲してくれた佳曲です。
 先日、試奏をいたしました。むむむ・・・これは。なかなかの力作です。かなり気合を入れないと演奏できない曲です。日本的なメロディを基調に、舞曲的なところや変拍子などもあり、とても素敵な素晴らしい曲をいただきました。
 演奏するのが楽しみです。

 そして、本番のプログラムが決まりました。

・アンサンブル・ステージ Part1

 1.カッチーニ/アヴェ・マリア

 2.ヤン.ヴァン.デル=ロースト/リクディム(4つのイスラエル・ダンス)

 3.小渕健太郎/Winding・Road

 4.L.アンダーソン/フィドル・ファドル(XyrophoneSolo,小澤寛行)

~休憩~

・クラリネット・ソロ・ステージ 柳瀬 洋(クラリネット)、柳瀬佐和子(ピアノ)

 1.ガーシュイン(柳瀬佐和子編曲)/ラプソディ・イン・ブルー

 2.柳瀬佐和子/プリマヴェーラ(泉)

 3.モリコーネ/ガブリエルのオーボエ

・アンサンブル・ステージ Part2

 1.柳瀬佐和子/KIZUNA~絆~(Jクラリネット・アンサンブル委嘱作品)

 2..葉加瀬太郎/情熱大陸

 当日は、陸上自衛隊第6音楽隊(山形)と同第9音楽隊(青森)のクラリネット・セクションも出演します。どうか、みなさん12月26日は仙台市シルバーセンターにお越しください。

 当日券もあります(^^)v

ポチッとな!!クリックしてくだされば幸いです。
にほんブログ村 クラシックブログ 吹奏楽へ
にほんブログ村 

nice!(0)  コメント(0) 

クラリネット・アンサンブル コンサートのお知らせ [concert]

Jクラmちらし.jpg

 第6回目となる「Jクラリネット・アンサンブル仙台」コンサートを開催することになりました。

 前回は東京都練馬区の成増アクトホールで、第4回目のベートーベン第7交響曲をメインにしたプログラムと同じプロを開催しました。
 今回の第6回目は、柳瀬佐和子氏が「Jクラ」のためのクラリネット・アンサンブル曲を書いてくれます(まだ未完です、というより曲名も未定です)。そのJクラ委嘱作品を演奏します。

 それよりも何よりも、今回の目玉は柳瀬洋氏のソロステージがあります。柳瀬佐和子氏(奥様)のピアノとのデュオによる、ガーシュイン作曲「ラプソディー・イン・ブルー」を演奏します。これは、必聴ですよ。わたしも当日はステージ袖から聞くんじゃなくて、客席に降りて行ってお客さんになって聞きたいくらいです。
 そして、わが職場のアイドル・パーカッショニスト小澤くんがXylophonソロで出演します。バックでの伴奏はもちろん私たちJクラです。

 今回も、楽しさ盛りだくさん、バラエティ豊かなステージになること請け合いです。仙台駅すぐそばの仙台市シルバーセンター「交流ホール」(前回と開催場所が変わっています!!)にぜひお越しいただき、クラリネット・アンサンブルの響きを十分にご堪能ください。

 お待ちしております。

~~プログラム~~
<曲順不同>
クラリネット・アンサンブル ステージ
1.カッチーニ/アヴェ・マリア
2.ヤン・ヴァン・デル=ロースト/リクディム(4つのイスラエル・ダンス)
柳瀬洋クラリネット・ソロ ステージ Pf.柳瀬佐和子
1.J.ガーシュイン、柳瀬佐和子(編)/ラプソディ・イン・ブルー
2.柳瀬佐和子/プリマヴェーラ 他
クラリネット・アンサンブル ステージ
1.L.アンダーソン/フィドル・ファドル
2.柳瀬佐和子/曲目未定(Jクラリネット・アンサンブル委嘱作品)

~~入場料~~
1,000円(全席自由)

~~日時~~
平成23年12月26日(月)
午後6時開演、午後5時30分開場

~~場所~~
仙台市シルバーセンター「交流ホール」
宮城県仙台市青葉区花京院1丁目3番2号
JR仙台駅から徒歩8分、地下鉄仙台駅から徒歩8分、花京院シルバーセンター前バス停から徒歩3分

~~チケットは~~
サンリツ楽器本店、ヤマハミュージック東北仙台店3階フロア、モリタ管楽器サービス
ですが、上記写真をダウンロードして印刷したものと入場料1,000円を添えて受付にお持ちください。当日券とお引替えいたします。

多数のご来場をお待ちしております!!

ポチッとな!!クリックしてくだされば幸いです。
にほんブログ村 クラシックブログ 吹奏楽へ
にほんブログ村 

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽
前の10件 | -
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。